トイレのトラブル

専門業者に依頼した場合

2017年03月29日 15時22分

トイレの水漏れやつまりが起こった場合、ネジを締め直したり、掃除をするなど、自分で簡単に解決できる場合もありますが、
ホームセンターで部品を購入したりして修理や部品交換をしなければいけない場合もあります。

しかし、設備を外したり分解しなければならないため、誤った方法で処置を行うと、トラブルが改善されないどころか他のトラブルが出ることもあります。
また、水道設備について多少学んでおく必要があったり、素人が行うため、修理に時間がかかることが多いです。
そのため、少しでも不安がある場合や部品の金額が高い場合は、水道修理専門業者へ依頼することをお勧めします。
良心的な専門業者に依頼すると、見積もり費や出張費、工賃や部品費など全て合わせた値段で修理してくれますし、
専門知識があるプロのため、自分で修理するよりも圧倒的に早い時間で行ってくれます。

悪徳業者でない限り、トイレの修理やつまり程度であれば、5,000円~処置を行ってもらえます。
便器ごと交換になる大掛かりな修理になる場合は30,000円前後の金額がかかることもありますが、部品のみ交換して古い便器を使い続けて、
後々他の部分がまた故障するよりも良いでしょう。

しかし、強引に便器交換を勧める業者には注意してください。
トイレが故障している場合はすぐに使用したいため、多少高額でも便器交換を依頼する人もいるかもしれません。
しかし、便器を交換するまでもない故障の場合もあります。
そのため、修理をしてもらう前には必ず、どんな理由でどんな修理をするのかしっかり説明してもらうようにしましょう。
説明しない業者の場合は悪徳業者の可能性があるため、一旦断り、他の業者へも見積もりしてもらうようにしましょう。